/

柔道・朝比奈、新所属先はビッグツリー 学業との両立目指す

柔道の女子78キロ超級で2018年世界選手権を制し、現役医学部生の朝比奈沙羅が5日、練習拠点の宇都宮市内で会見し、ビッグツリーへの所属を発表した。通学している独協医大に近いトレーニング施設で、学業との両立を図る。

平日の大学の授業が終わった後や週末を含めて週に2~4日、ウエートトレーニングや稽古などに励んでいる。代表取材に応じた朝比奈は「いろいろなことが1カ所でできるので助かっている」と充実した環境に満足げだった。

東京五輪の補欠に決まった。「学業の部分はきちんとやりつつ、いつでも五輪に出て金メダルが取れるような準備をし続けることが私の義務」と来夏へ向け鍛錬に励む意志を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン