/

ロッテ・大嶺翔太が現役引退 金銭トラブルで

ロッテは23日、大嶺翔太内野手(26)が現役を引退すると発表した。金銭トラブルを抱え、球団にも影響が及んでいたという。大嶺翔は球団を通じ「お金を借りて、返せないトラブルが発生し、多くの方にご迷惑を掛けてしまった。自分にできることは環境を変え、気持ちを入れ直すことだと決断した」とコメントした。

2年程前から球団に複数の債権者から連絡が入るようになり、球団は改善を指導してきたが、状況は変わらず、最近になって再びトラブルが発生。球団との話し合いの中で大嶺翔から引退を申し入れてきたという。球団は借入額や使い道などを明らかにしていないが、違法性はないという。林信平球団本部長は「大変、残念。結果的にこうなってしまい、指導力不足だとわれわれも反省している。指導を強化していきたい」と話した。

大嶺翔は2010年に沖縄・八重山商工高からドラフト3位で入団。通算196試合に出場し、打率2割1分、7本塁打、35打点。兄はロッテの大嶺祐太投手。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン