2019年6月25日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

鶴竜・栃ノ心が7戦全勝、朝乃山1敗で追う 夏場所7日目

2019/5/18 18:57
保存
共有
印刷
その他

大相撲夏場所7日目(18日・両国国技館)一人横綱の鶴竜は千代大龍を一気に寄り切って、7戦全勝とした。1場所での大関復帰を目指す関脇栃ノ心も琴奨菊を寄り切って7連勝。

高安(左)が押し出しで大栄翔を下す(18日、両国国技館)=共同

高安(左)が押し出しで大栄翔を下す(18日、両国国技館)=共同

2大関はそろって安泰。豪栄道は玉鷲、高安は大栄翔を押し出して、ともに4勝目を挙げた。関脇逸ノ城は5敗目。

全勝の鶴竜と栃ノ心を、ただ一人の1敗で平幕朝乃山が追う展開。十両は貴源治が7戦全勝で単独トップを守った。

右膝負傷で5日目から休場した新大関貴景勝の再出場が決定。8日目に小結碧山と対戦する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲名古屋場所の番付表を手に笑顔を見せる東前頭筆頭の朝乃山(24日、愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎)=共同

 大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付が発表された24日、5月の夏場所で初優勝した東前頭筆頭の朝乃山(富山県出身、高砂部屋)が愛知県蟹江町の高砂部屋で記者会見し「優勝したこと …続き (24日 12:05)

大相撲名古屋場所の番付が発表され、記者会見で錣山親方(右)と握手する新小結の阿炎(24日、名古屋市)=共同

 日本相撲協会は24日、大相撲名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表し、新小結で東に阿炎、西に竜電が昇進した。西前頭8枚目の夏場所で初優勝した朝乃山は自己最高位の東前頭筆頭に上 …続き (24日 7:21)

昇進披露宴で横綱白鵬(右端)、鶴竜(右から3人目)らと鏡開きをする大関貴景勝=同2人目(16日午後、東京都港区)=共同

 大相撲の大関貴景勝の昇進披露宴が16日、東京都内のホテルで開かれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)や白鵬、鶴竜の両横綱ら約2千人が出席した。

 22歳の貴景勝は新大関で臨んだ夏場所で右膝を負傷 …続き (16日 16:55)

ハイライト・スポーツ

[PR]