/

多田、10秒22で初優勝 「えひめ国体」陸上100

成年男子100メートル決勝、10秒22で初優勝した大阪・多田修平=手前(7日ニンジニアスタジアム)=共同

国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第8日は7日、松山市のニンジニアスタジアムなどで18競技が行われ、陸上100メートルの成年男子は多田修平(大阪・関学大)が10秒22で初優勝、同女子は名倉千晃(三重・NTN)が11秒63で勝った。

少年女子Bは御家瀬緑(北海道・恵庭北高)が11秒83で制した。準決勝では大会新記録の11秒66をマーク、6日の同走り幅跳びと合わせて2種目を制覇した。

相撲の少年は、大相撲の元横綱大鵬(故人)の孫で埼玉の納谷幸之介(埼玉栄高)が個人、団体の2冠に輝いた。

特別競技の高校野球硬式は1回戦4試合があり、夏の全国選手権大会を制した花咲徳栄(埼玉)が仙台育英(宮城)を6-3で下した。選抜大会優勝の大阪桐蔭は地元愛媛の済美に6-4で逆転サヨナラ勝ちし、東海大菅生(東京)盛岡大付(岩手)とともに準々決勝へ駒を進めた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン