2018年1月22日(月)

その他スポーツ

多田、10秒22で初優勝 「えひめ国体」陸上100

2017/10/7 19:52
保存
共有
印刷
その他

成年男子100メートル決勝、10秒22で初優勝した大阪・多田修平=手前(7日ニンジニアスタジアム)=共同

成年男子100メートル決勝、10秒22で初優勝した大阪・多田修平=手前(7日ニンジニアスタジアム)=共同

 国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第8日は7日、松山市のニンジニアスタジアムなどで18競技が行われ、陸上100メートルの成年男子は多田修平(大阪・関学大)が10秒22で初優勝、同女子は名倉千晃(三重・NTN)が11秒63で勝った。

 少年女子Bは御家瀬緑(北海道・恵庭北高)が11秒83で制した。準決勝では大会新記録の11秒66をマーク、6日の同走り幅跳びと合わせて2種目を制覇した。

 相撲の少年は、大相撲の元横綱大鵬(故人)の孫で埼玉の納谷幸之介(埼玉栄高)が個人、団体の2冠に輝いた。

 特別競技の高校野球硬式は1回戦4試合があり、夏の全国選手権大会を制した花咲徳栄(埼玉)が仙台育英(宮城)を6―3で下した。選抜大会優勝の大阪桐蔭は地元愛媛の済美に6―4で逆転サヨナラ勝ちし、東海大菅生(東京)盛岡大付(岩手)とともに準々決勝へ駒を進めた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

男子シングルスで史上最年少優勝を果たした張本智和(21日、東京体育館)=共同

 周囲の想像をはるかに超えて成長を続ける14歳が、また新たな偉業をなし遂げた。張本が圧倒的な攻撃力で水谷に快勝。マッチポイントで相手ボールがアウトになるのを見届けると、「卓球をやってきて最高の瞬間」と …続き (1:05)

前半飛躍を終えた渡部暁斗(21日、ショヌーブ)=共同

 【ショヌーブ(フランス)=共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は21日、フランスのショヌーブで団体第3戦が行われ、渡部暁斗、渡部善斗(ともに北野建設)山元豪(ダイチ)永井秀昭(岐阜日 …続き (0:22)

卓球全日本選手権の男子シングルスを史上最年少で制し、天皇杯を手にする張本智和選手(21日、東京体育館)=共同

 天才少年が14歳で日本一の称号を手にした。21日に行われた卓球の全日本選手権。張本智和選手がベテランの水谷隼選手を破って王者となった。2020年の五輪会場でもある東京体育館に詰めかけた約6500人の …続き (0:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]