2018年8月21日(火)

その他スポーツ

多田、10秒22で初優勝 「えひめ国体」陸上100

2017/10/7 19:52
保存
共有
印刷
その他

成年男子100メートル決勝、10秒22で初優勝した大阪・多田修平=手前(7日ニンジニアスタジアム)=共同

成年男子100メートル決勝、10秒22で初優勝した大阪・多田修平=手前(7日ニンジニアスタジアム)=共同

 国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第8日は7日、松山市のニンジニアスタジアムなどで18競技が行われ、陸上100メートルの成年男子は多田修平(大阪・関学大)が10秒22で初優勝、同女子は名倉千晃(三重・NTN)が11秒63で勝った。

 少年女子Bは御家瀬緑(北海道・恵庭北高)が11秒83で制した。準決勝では大会新記録の11秒66をマーク、6日の同走り幅跳びと合わせて2種目を制覇した。

 相撲の少年は、大相撲の元横綱大鵬(故人)の孫で埼玉の納谷幸之介(埼玉栄高)が個人、団体の2冠に輝いた。

 特別競技の高校野球硬式は1回戦4試合があり、夏の全国選手権大会を制した花咲徳栄(埼玉)が仙台育英(宮城)を6―3で下した。選抜大会優勝の大阪桐蔭は地元愛媛の済美に6―4で逆転サヨナラ勝ちし、東海大菅生(東京)盛岡大付(岩手)とともに準々決勝へ駒を進めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

男子団体準々決勝 韓国戦の第2試合でストレート勝ちし、ガッツポーズする園田(左)、嘉村組(20日、ジャカルタ)=共同

 ジャカルタ・アジア大会のバドミントン男女団体準々決勝で、男子の日本は韓国に3―0で勝ち、準決勝進出を決めた。3位決定戦が行われないため、この種目で48年ぶりのメダル獲得が決まった。
 第1試合のシング …続き (0:43)

女子100メートル自由形決勝で優勝した池江=石井理恵撮影

 直前に50メートルバタフライを泳いだこともあり、池江は作戦を立てていた。「前半から攻めたらばてる。後半(スピードを)上げよう」。最近得意とする前半型のレースとは異なるプランだったが「自分にとってちょ …続き (20日 23:48)

男子800メートルリレーで大会2連覇を達成し、歓声に応える(左から)江原、坂田、萩野、松元(20日、ジャカルタ)=共同

 ジャカルタ・アジア大会の競泳の池江璃花子(ルネサンス)が女子100メートル自由形を53秒27の大会新記録で制し、非五輪種目の50メートルバタフライも25秒55の大会新で優勝した。個人2冠で、今大会の …続き (20日 23:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]