/

梶谷、巨人ユニホームで初練習 「不思議な感覚」

巨人にフリーエージェント(FA)でDeNAから加入した梶谷が6日、主力の一部が参加して那覇市で始まったキャンプで、初めて巨人のユニホームを着て練習した。これまでの練習着ではなく、背番号13のユニホームに袖を通し「まだちょっと違和感はある。不思議な感覚」と照れ笑いを浮かべた。

FAで加入し、初めて巨人のユニホームを着て練習した梶谷(6日、那覇)=共同

フリー打撃では力感のないスイングで、8割以上の打球を中堅から左翼の逆方向に打ち返した。セ・リーグ2位の打率3割2分3厘を残した昨季から継続している調整法だ。「打球の強さというよりは確認。どうコンタクトして、どういう打球が左中間や左翼に飛ぶか」と意図を説明した。

内角に入ってきた球は右翼方向に引っ張るものの、59スイングで柵越えは1本もなかった。打ち返す打球に迫力はないが、当の本人はどこ吹く風。「ここの球場は打球が飛ばない分、自分の欲も抑えられる。明確に目的を持って、つまらない打撃練習を続けていこうかなと思っている」と確かな自信をのぞかせた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン