/

東海大、連覇へ「恩返しがテーマ」 11月1日に全日本大学駅伝

全日本大学駅伝(11月1日・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106.8キロ)の監督記者会見が31日、オンラインで行われ、東海大の両角速監督は新型コロナウイルス禍の中で行われるレースに向けて「感謝、恩返しをテーマとして2連覇を目標に頑張りたい」と抱負を語った。

前回8区で逆転を演じたアンカー名取燎太をキーマンに挙げ「適材適所に配置できた」と自信をにじませた。2年ぶりの王座奪回を目指す青学大の原晋監督は恒例の作戦名を「コロナに負けるな大作戦」とし「多くの国民のみなさんに若者たちのはつらつとした走りを届けていきたい」と意気込んだ。

ウイルス禍の影響で出雲全日本大学選抜駅伝が中止となり、今大会が今季の「大学三大駅伝」の初戦となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン