2018年4月21日(土)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

橋本が2年連続V、17歳の素根も連覇 柔道体重別選手権

2018/4/7 18:35
保存
共有
印刷
その他

 世界選手権(9月・バクー)代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本選抜体重別選手権第1日は7日、福岡国際センターで男女計7階級が行われ、男子73キロ級は昨年世界王者の橋本壮市が、66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡とのパーク24勢同士による決勝を優勢勝ちし、2年連続3度目の頂点に立った。

男子73キロ級決勝で海老沼匡(右)を破り優勝した橋本壮市(7日、福岡国際センター)=共同

男子73キロ級決勝で海老沼匡(右)を破り優勝した橋本壮市(7日、福岡国際センター)=共同

 73キロ級の2016年リオデジャネイロ五輪覇者の大野将平(旭化成)は、準決勝で海老沼に一本負けした。66キロ級は丸山城志郎(ミキハウス)、60キロ級は大島優磨(旭化成)がともに初優勝。

 女子で78キロ超級は17歳の素根輝(福岡・南筑高)が2連覇を達成。決勝では昨年世界選手権2位の朝比奈沙羅(パーク24)と12分近くもの熱戦の末、指導3による反則勝ちで制した。70キロ級は28歳の大野陽子(コマツ)が決勝で昨年世界女王の新井千鶴(三井住友海上)に一本勝ちし、初制覇を遂げた。63キロ級は能智亜衣美(了徳寺学園職)が2年ぶり2度目の優勝。78キロ級は高山莉加(三井住友海上)が初めて制した。

 最終日(8日)の終了後、最重量級を除く男女各6階級の世界選手権代表が決まる。〔共同〕

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

ドーピング問題について取材に応じ頭を下げる、昨年12月の試合でIBFスーパーフェザー級王座に就いた尾川堅一選手(19日午後、東京都新宿区の帝拳ジム)=共同

 ボクシングの帝拳ジムは19日、昨年12月9日の国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフェザー級王座決定戦の後に薬物違反が発覚した尾川堅一選手(30)が開催地米ネバダ州のコミッションに試合日から6カ月の …続き (19日 18:17)

 ボクシングで日本初の世界主要4団体制覇を果たし、アマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成選手(34)=名古屋産大=が、自身のアマ選手登録を認めない日本ボクシング連盟と日本オリンピック委 …続き (19日 11:51)

ラグビー女子日本代表候補との合同練習に参加した渡名喜風南=左から2人目(18日、味の素ナショナルトレーニングセンター)=共同

 柔道の世界選手権(9月・バクー)女子日本代表は18日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでラグビー女子日本代表候補との合同練習を報道陣に公開し、世界選手権で2連覇を狙う48キロ級の渡名 …続き (18日 17:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]