スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

男子73キロ級、立川がV3 柔道講道館杯

2018/11/3 19:43
保存
共有
印刷
その他

来年の世界選手権(東京)代表第1次選考会となる柔道の講道館杯全日本体重別選手権第1日は3日、千葉ポートアリーナで男女計7階級が行われ、男子で73キロ級は9月の世界選手権混合団体優勝メンバーで20歳の立川新(東海大)が3連覇を達成した。66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)が2位だった。

81キロ級の小原拳哉(パーク24)、66キロ級の藤阪太郎(大阪府警)、60キロ級の大島優磨(旭化成)はいずれも初優勝。

女子は78キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪代表の梅木真美(ALSOK)が4年ぶり2度目の制覇。70キロ級は今夏のジャカルタ・アジア大会混合団体優勝メンバーの田中志歩、78キロ超級は秋場麻優(ともに環太平洋大)が初優勝した。

男子では15年世界選手権を制し、リオデジャネイロ五輪81キロ級銅メダルの永瀬貴規(旭化成)、12年ロンドン五輪73キロ級銀メダルの中矢力(ALSOK)は初戦の2回戦で敗退した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

米国選手(左)と対戦する須崎優衣(17日、成田市体育館)=共同

 レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップ最終日は17日、千葉県の成田市体育館で順位決定戦が行われ、日本は決勝で米国を7―3で下し、5大会連続11度目の優勝を果たした。
 各チーム10階級で対戦する団 …続き (17日 17:08)

井上尚弥=共同

 米国の老舗専門誌「ザ・リング」は16日、ボクシングの全階級を通じた「最強ランキング」の「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を更新し、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級を …続き (17日 15:17)

 現役引退の意向だったレスリング女子の2016年リオデジャネイロ五輪75キロ級代表、渡利璃穏(28)=アイシンAW=が引退を正式表明した。悪性リンパ腫(血液のがん)から復帰した渡利は所属先の公式サイト …続き (16日 23:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]