/

マークセン首位、谷口は3打差2位 日本シニアゴルフ第3日

日本シニアオープン選手権第3日(14日・北海道ニドムクラシックコース=6829ヤード、パー71)大会3連覇を狙うプラヤド・マークセン(タイ)が6バーディー、2ボギーの67で回り通算4アンダー、209で首位に浮上した。

首位から出た谷口徹は2バーディー、5ボギーの74で通算1アンダーとなり3打差の2位に後退。川岸良兼、寺西明、金鍾徳(韓国)も2位に並んだ。(出場65人=アマ2、晴れのち曇り、気温24.4度、南の風6.3メートル、観衆776人)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン