2019年7月24日(水)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

王者村田「15戦目なので慣れている」 初防衛戦へ計量パス

2018/4/14 17:57
保存
共有
印刷
その他

WBAミドル級世界戦の前日計量をパスし、ポーズをとる村田諒太(左)とエマヌエーレ・ブランダムラ(14日、東京都内のホテル)=共同

WBAミドル級世界戦の前日計量をパスし、ポーズをとる村田諒太(左)とエマヌエーレ・ブランダムラ(14日、東京都内のホテル)=共同

ボクシングのダブル世界戦(15日・横浜アリーナ)の前日計量が14日、東京都内で行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)はリミットの72.5キロ、挑戦者エマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)は72.3キロでともに1度目でパスした。初防衛戦の村田は「これで15戦目なので(調整は)慣れている。倒したい欲を抑えて焦らないこと」と穏やかな表情で語った。

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は1度目でリミットの50.8キロを超える51.7キロ。再計量はせず、3度目の防衛戦を前に体重超過で王座剥奪となった。日本ボクシングコミッション(JBC)によると、日本選手の世界戦での計量失敗は初めて。具志堅用高会長は「重大なことが起こって本当に申し訳ありません」と頭を下げた。

対戦相手のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)は50.5キロで一発クリア。15日の当日計量などを経て開催が決まる試合は、比嘉が勝つか引き分けると王座は空位のまま、ロサレスが勝てば新王者となる。比嘉がKOで勝てば、16試合連続KO勝利の日本新記録として認められる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 【ジュネーブ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は23日、2012年ロンドン五輪のドーピング再検査でレスリング男子フリースタイル120キロ級を制したアルトゥール・タイマゾフ(ウズベキスタン)が禁 …続き (10:53)

柔道のGP大会への出発前に取材に応じる男子81キロ級の永瀬貴規(22日、羽田空港)=共同

 柔道のグランプリ(GP)大会(26~28日・ザグレブ)に出場する日本代表が22日、羽田空港から出発し、男子81キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)は「優勝できればしっか …続き (22日 17:30)

WBAウエルター級王座統一戦でキース・サーマン(左)を攻めるマニー・パッキャオ(20日、ラスベガス)=AP

 【シアトル=共同】世界ボクシング協会(WBA)ウエルター級王座統一戦が20日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、40歳の王者マニー・パッキャオ(フィリピン)がスーパー王者のキース・サーマン(米国)に2― …続き (21日 15:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。