/

パラ馬術、鎮守や宮路らが制す 全日本大会個人規定

パラ馬術で来年の強化指定選手選考会を兼ねる全日本大会は28日、東京・世田谷区の馬事公苑で個人規定が行われ、5段階のクラス分けで最も障害の程度が重い障害1は2004年アテネ・パラリンピック代表の鎮守美奈(明石乗馬協会)が得点率66.488で制した。

パラ馬術の全日本大会で個人規定の障害2を制した宮路満英(28日、東京都世田谷区の馬事公苑)=共同

障害2は16年リオデジャネイロ・パラリンピック代表の宮路満英(リファイン・エクインアカデミー)が64.706で、障害4は高嶋活士(ドレッサージュ・ステーブル・テルイ)が65.284でそれぞれ勝った。

障害3の稲葉将(静岡乗馬ク)はピエノとのコンビで65.834をマークして快勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン