/

カーターが引退 ラグビー元NZ代表、神鋼でも活躍

ラグビーの元ニュージーランド代表で2015年のワールドカップ(W杯)で2連覇に貢献し、トップリーグの神戸製鋼でも活躍したSOダン・カーター(38)が現役引退すると20日、インスタグラムで発表した。「正式に引退する。32年プレーした競技が今日の自分を形成してくれた。皆に感謝してもしきれない」と記した。

国際統括団体ワールドラグビーの年間最優秀選手に3度輝いた名手は18~19年シーズンに神戸製鋼に加入。チームをトップリーグ優勝と日本選手権制覇に導いた。昨年5月に退団後はスーパーラグビーのブルース(ニュージーランド)に移籍していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン