/

フィギュア、日本2年ぶりV ジャパン・オープン

日本、欧州、北米によるフィギュアスケートのチーム対抗戦、ジャパン・オープンは6日、さいたまスーパーアリーナで行われ、宮原知子(関大)坂本花織(シスメックス)宇野昌磨(トヨタ自動車)プロスケーターの織田信成さんで臨んだ日本は合計621.91点で2年ぶり9度目の優勝を果たした。2位は欧州、3位は北米。

男女2人ずつがフリーを滑って合計点を競い、日本は男子で平昌冬季五輪銀メダルの宇野が4回転トーループを2本成功して186.69点で1位、織田さんも4回転トーループを決めて176.95点で2位だった。

女子は坂本が130.28点で2位、宮原が127.99点で3位だった。トップは平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)で159.18点。得点は国際スケート連盟に公認されない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン