/

中日が新人合同練習開始 ドラ1高橋宏「楽しみだった」

中日の新人合同練習が9日、ナゴヤ球場で始まり、ドラフト1位の高橋宏斗投手(愛知・中京大中京高)がプロ野球生活の第一歩を踏み出した。ランニングなど軽めのメニューをこなし「すごく楽しみにしていた。しっかり準備して来た。緊張感もあっていい環境の中で練習ができた」と充実感をにじませた。

中日の新人合同練習でキャッチボールする高橋宏=手前(9日、ナゴヤ球場)=共同

キャッチボールは「60パーセントぐらい」で投げたというが、力強い速球を披露。大器の片りんをのぞかせ「2月1日のキャンプインに全力で投げられるように」と意欲を見せた。甲子園大会に2度出場したドラフト3位の遊撃手、土田龍空内野手(滋賀・近江高)は「プロ1日目としての緊張は少しあった。早くドームでノックを受けたい」と初々しかった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン