その他スポーツ

15歳宮川ら、決勝へ 全日本種目別体操

2015/6/20付
保存
共有
印刷
その他

体操の世界選手権(10~11月・英グラスゴー)代表最終選考会を兼ねた全日本種目別選手権第1日は20日、東京・国立代々木競技場で予選が行われ、女子で15歳の宮川紗江(セインツク)が跳馬、床運動の2種目でトップとなり、上位8人による21日の決勝に進んだ。

男子は、あん馬で2013年世界選手権金メダルの亀山耕平(徳洲会)が3位で決勝に進出した。つり輪は山室光史(コナミスポーツク)が首位。床運動と跳馬で予選免除の白井健三(日体大)は平行棒で11位だった。

男女各6人の代表には、今大会欠場の内村航平や田中佑典(コナミスポーツク)らが既に決定。残り枠は男子3、女子1で、大会後に決まる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 英政府は30日、新型コロナウイルスの影響で中断しているスポーツイベントを6月1日から無観客で再開することを認めると発表した。6日に行われる競馬の2000ギニーが最初の主要イベントとなる見込みで、サッ …続き (8:24)

 新型コロナウイルスの影響で今季のシーズンインが延期している自動車F1シリーズは、オーストリア・グランプリ(GP)で開幕し、7月5日に第1戦、12日に第2戦の決勝を実施することが正式に決定した。英BB …続き (0:35)

 日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は30日、東京都内で開かれた理事会後に取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で実施できていない日本代表合宿について、拠点にする東京都北区の味の素ナショナル …続き (30日 19:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]