/

ケイリン、脇本・新田V逃す 自転車トラックの全日本

自転車トラック種目の全日本選手権第3日は7日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で行われ、男子ケイリンは東京五輪代表の脇本雄太と新田祐大(ともに日本競輪選手会)がそれぞれ2、4位となった。優勝は最終ストレートで脇本を差した深谷知広(日本競輪選手会)で、前日のスプリントに続く2冠。

女子ケイリンは五輪代表の小林優香が2位で、梅川風子(ともに日本競輪選手会)が優勝した。

男子オムニアムは橋本英也(日本競輪選手会)、女子マディソンは梶原悠未(筑波大大学院)中村妃智(日本写真判定)組と、五輪代表勢が順当勝ちした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン