オリパラセレクト

フォローする

セーリング高橋組と飯束組、五輪代表に 世界選手権

Tokyo2020
2020/2/15 17:37
保存
共有
印刷
その他

セーリングの世界選手権最終日は15日、オーストラリアのジーロングで行われ、男子49er級の高橋レオ(オークランド大)小泉維吹(早大)組、ナクラ17級の飯束潮吹、畑山絵里組(エス・ピー・ネットワーク)が東京五輪代表に決まった。高橋組は33位、飯束組は19位で日本勢トップとなり、日本セーリング連盟の選考基準を満たした。両組とも初の五輪出場。

今回は男子49er級、ナクラ17級、女子49erFX級の世界選手権だった。49er級は屈指の速さを誇り「海のF1」とも称される花形種目。ナクラ17級は2016年リオデジャネイロ五輪から採用された唯一の男女混合種目で、最大時速40キロ近くのスピードが出る。

既に五輪代表を決めた女子49erFX級の山崎アンナ(ノエビア・日体大)高野芹奈(ノエビア・関大)組は32位だった。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長は8日、テレビ電話形式のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大で来年への延期が決まった東京大会の新日程について会場を変更せず、 …続き (4/8)

 日本カヌー連盟は8日、持ち回りの常務理事会を開き、東京五輪の1年延期に伴う出場権の扱いについて、既に代表に決まっているスラローム男子カナディアンシングルの羽根田卓也(ミキハウス)ら8選手の資格の維持 …続き (4/8)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、五輪選手の強化拠点である東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)と国立スポーツ科学センター(JISS)が使用停止となる方 …続き (4/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]