/

女子フルーレで辻が初優勝 全日本フェンシング

フェンシングの全日本選手権個人戦第4日は2日、東京・渋谷のLINE CUBE SHIBUYAで行われ、女子フルーレは決勝で19歳の辻すみれ(朝日大)が菊池小巻(セガサミー)を15-8で下し、初優勝を果たした。辻は準決勝で3連覇を目指した東晟良(日体大)に6-5で競り勝った。

女子フルーレ決勝 菊池小巻(右)からポイントを奪う辻すみれ。初優勝を果たした(2日、LINE CUBE SHIBUYA)=共同

女子サーブルは20歳の江村美咲(中大)が2016年リオデジャネイロ五輪代表の青木千佳(ネクサス)を15-11で下し、2年連続2度目の優勝を果たした。

今大会は選手や剣の軌道をスローモーションなどで可視化し、攻守の状況を会場の観客にも分かりやすく見せる仕組みを導入した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン