プロ野球

楽天・則本昂大「魂の投球見せたい」 開幕再延期でも士気保つ

2020/4/5 8:40
保存
共有
印刷
その他

楽天の則本昂大投手は4日、新型コロナウイルス感染拡大で開幕が再延期されたことに「現状では仕方のない判断だと思う。心身の調整は難しい部分もあるが、なるようにしかならない。野球ができる環境のありがたみをすごく感じている」と球団広報を通じてコメントした。

チームは活動を一時休止中。毎日自宅でストレッチしたり、河川敷でランニングをしたりして体を動かしているという。「最善のケアをして、開幕したら思い切り、魂のこもった投球をお見せしたい」と来る日に向けモチベーションを維持している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手が31日、埼玉県戸田市の戸田球場で、プロ入り後初めて打撃投手を務めた。フォークボールを交えて27球を投げ、最速152キロをマーク。「久しぶりに打者に対して投 …続き (5:00)

 日本ハムは31日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で6月2日のロッテ戦から再開する練習試合を前に最後のチーム練習を行った。栗山英樹監督は「いよいよ試合が始まるので(選手に)雰囲気が出てきている。気持ちが上が …続き (31日 19:18)

 楽天は31日、楽天生命パーク宮城でのグループ練習を終えた。三木肇監督は、6月2日のDeNA戦から再開される練習試合に向け「試合数は限られている。若い選手には競争する場面は少ないがアピールしてほしい」 …続き (31日 18:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]