/

ヤクルト嶋、右手親指付近を骨折 阪神戦で死球

ヤクルトの嶋基宏捕手が21日、神宮球場での阪神との練習試合中に投球を右手に受けて途中交代し、東京都内の病院で骨折と診断された。

嶋は昨季限りで楽天を退団し、今季からヤクルトに加入して中村悠平と正捕手争いをしていた。高津臣吾監督は「(患部は)親指の近く。ショックだが本人が一番つらいと思う」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン