/

J1神戸・酒井選手が退院 新型コロナ陰性に

サッカーのJ1神戸は25日、新型コロナウイルスに感染した元日本代表DF酒井高徳選手(29)が兵庫県内の医療機関を退院したと発表した。クラブによると、回復を確認するためのPCR検査で2度陰性となった。今後は自宅で療養する。

酒井選手はJリーグ選手で初めて感染が確認された。クラブによると、3月25日の夜中から発熱などを訴え、頭と喉に痛みがあった。においを感じないなどの症状があったため、医師の助言で受けたPCR検査で同30日に陽性と判定された。

クラブ内で他に感染が確認されていたトップチームの関係者2人も、25日までに兵庫県内の医療機関を退院したという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン