/

ソフトバンク千賀、1億円増の4億円 「自覚持ってやる」

ソフトバンクの千賀滉大投手が26日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、1億円増の年俸4億円プラス出来高払いでサインした。今季最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3冠に輝いたエースは「また来年もやらなくちゃいけないという気持ちになる数字。自覚を持ってやりたい」と表情を引き締めた。

契約更改交渉を終え、記者会見するソフトバンク・千賀(26日、ペイペイドーム)=代表撮影・共同

交渉の席では4年連続で、ポスティングシステムによる米大リーグ挑戦の希望を伝えた。海外フリーエージェント(FA)の資格取得条件を満たすのは最短でも2022年。1時間以上の交渉では「アメリカの話が一番長かった」というが、球団は認めない姿勢を崩さず「(状況は)変わらない。なかなか難しい」と声を落とした。

1年契約で順調なら来季国内FA権を取得する。「来年はFAの取得もあるし、いろんな話をさせてもらった」と話した。三笠杉彦ゼネラルマネジャー(GM)は複数年契約の用意があったと明かし、ポスティングについては「何か方針に大きく変更があったということはない」と説明した。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン