/

グリエル、ダルビッシュに対して差別行為か Wシリーズ

【ヒューストン=共同】ヒューストンで27日に行われた米大リーグのワールドシリーズ第3戦で、アストロズのグリエル内野手がアジア人を差別するようなしぐさをしたことが問題となった。AP通信によると、大リーグ機構が本人から事情を聴く方針で、何らかの処分が下される可能性もある。

二回にドジャースのダルビッシュ投手から本塁打を放った後、ベンチで目尻を指で押さえて両目を細くしながらスペイン語でアジア人を指す蔑称を口にしたとされる。2014年にプロ野球DeNAに所属していた同内野手は「誰も傷つけるつもりはなかった。日本でプレーしていたし、日本人には多大な敬意を持っている」と釈明した。

ダルビッシュ投手は「いろいろな人種の人たちに対し、区別するようなことをするのは良くないと思う。大リーグ機構がちゃんとした処置をしないといけない」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン