/

トライアスロン男子、田山が4度目の五輪へ アジア選手権V

男子 優勝しリオデジャネイロ五輪代表に決まった田山寛豪(30日、広島県廿日市市)=共同

トライアスロンのアジア選手権第2日は30日、広島県廿日市市木材港周辺コース(スイム1.5キロ、バイク40.8キロ、ラン10.6キロ)で行われ、リオデジャネイロ五輪の日本代表選考会を兼ねた男子は、34歳の田山寛豪(NTT東日本・NTT西日本・流通経大職)が1時間55分16秒で優勝して出場枠を獲得し、4大会連続の五輪代表に決まった。

2位は中国、3位は韓国選手で、ロンドン五輪代表の細田雄一(博慈会)は19位だった。5月14日の世界シリーズ横浜大会が最後の代表選考レースで、日本の出場枠を追加できるかが決まる。

既に選考レースが終了した女子は上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)が2時間4分4秒で優勝した。加藤友里恵(ペリエ・グリーンタワー・稲毛インター)が2位、佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)が3位だった。日本トライアスロン連合は5月19日に男女の代表を正式に発表する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン