/

中日・小笠原、初の開幕投手 20歳の左腕

中日の小笠原慎之介投手が初めて開幕投手を務めることが24日、決まった。ナゴヤドームでの練習中に森繁和監督から正式に伝えられた。オープン戦で好調だった20歳で3年目の左腕投手は「やります」と答えたそうで「狙ってキャンプ中からやっていた。気を引き締めたい」と話した。30日の開幕戦は昨季セ・リーグ覇者の広島と戦う。

森監督には公表するか隠すかを一任されていたと言い「他球団も発表されている。気持ちを高ぶらせて練習する」と自ら明かした理由を説明した。小笠原は神奈川・東海大相模高時代に夏の甲子園大会優勝を経験。昨季は5勝8敗だった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン