/

伊藤、女子複制し2冠目 全日本卓球

卓球の全日本選手権第6日は18日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、前回と同じ顔合わせとなった女子ダブルス決勝は、伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組が芝田沙季(ミキハウス)大藤沙月(ミキハウスJSC)組を3-1で退けて3連覇を果たした。史上初の3年連続3種目制覇を目指す伊藤は混合ダブルスに続く2冠目を獲得。

女子ダブルス決勝で芝田、大藤組に勝利した伊藤(下)、早田組

シングルスは準々決勝が行われ、女子は伊藤と石川佳純(全農)の東京五輪代表勢、橋本帆乃香(ミキハウス)と早田ひな(日本生命)が勝ち上がった。

男子は、2年ぶりの優勝を目指す張本智和(木下グループ)が順当に4強入り。丹羽孝希(スヴェンソン)は高校総体を2連覇している戸上隼輔(山口・野田学園高)に0-4で敗れた。

19日の準決勝は女子が伊藤―早田、石川―橋本、男子は張本―戸上、宇田幸矢(エリートアカデミー)―吉田雅己(FPC)で争われる。

男子ダブルスは三部航平、及川瑞基組(専大)が戸上、宮川昌大組(山口・野田学園高)を下し、初優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン