/

貴景勝と正代が12番 大関同士で互角、合同稽古

大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた合同稽古2日目が17日、国技館内の相撲教習所で実施され、貴景勝と正代の両大関が2日連続で三番稽古(同じ相手と続けて取る)を行い、熱のこもった攻防を披露した。12番で6勝6敗と互角だった。

両国国技館内の相撲教習所で稽古する正代(右)と貴景勝(17日)=共同

貴景勝は最初の5番で4勝し、内容も良かった。立ち合いから力強い出足で押し込み、徹底的に前に出た。引き技はなく、組み止められても珍しく左下手投げで仕留める場面もあった。「こんなに早く、実戦でこういういい稽古ができるのは最近ではなかった。お互い真っ向勝負だから、力をつけるためにいい」と充実の表情だった。

新大関の正代は徐々に持ち味を発揮。柔らかさを生かして攻めを残すと、もろ差しでの寄りや、まわしを取ってからの投げで巻き返した。「まだまだ。一方的な相撲も目立っているので、この期間中にどれだけ戻せるか。当たってから2歩目が出ないと感じている」と冷静に課題を挙げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン