/

マラソン、五輪代表の中村がテスト大会欠場 左足甲の痛みで

東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾が、5日に札幌市でハーフの距離で行われる五輪のテスト大会を欠場する。所属先の富士通が1日に発表した。左足甲に軽い痛みがあるためで、富士通は「現在回復を図っており、来週には練習を再開できる見込み」としている。

本番のコースの一部を走るテスト大会には、男子の服部勇馬(トヨタ自動車)や女子の前田穂南(天満屋)鈴木亜由子(日本郵政グループ)一山麻緒(ワコール)の代表4人を含む90人前後が参加予定。沿道での応援は自粛を要請して行う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン