/

楽天・則本昂、田中から「独立」

楽天の則本昂大投手は三重県内でチームの若手と一緒にトレーニングを行っている。昨オフまでは米大リーグ、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になった田中の下で練習をしていたが"独立"。16日にオンラインで取材に応じ「田中さんのところで7年間やらせてもらい、たくさんのことを吸収できた。僕も30歳になったし、受け継いだノウハウを後輩に教えていかないと」と自覚を口にした。

キャッチボールする楽天・則本昂(三重県内)=球団提供・共同

新型コロナウイルス感染拡大で昨年は3月下旬から1カ月以上、球団施設が閉鎖され「なかなか体を仕上げることができなかった」と思い返す。「今年もいつ(チームが)活動停止になるか分からない状況。できる間にある程度体をつくっておく」と、例年よりランニングなどの練習量も増やしている。

昨季、6度目の開幕投手を務めたが、9月に右手を負傷したのを境に白星を挙げられず2年連続で5勝に終わった。復活を懸けて今季への思いは強い。「シーズンフルに戦って15勝で通算100勝にもなる」と目標を思い描いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン