/

リオ金の登坂、東京五輪逃す 全日本レスリングで敗退

東京五輪代表選考を兼ねたレスリングの全日本選手権第3日は21日、東京・駒沢体育館で行われ、女子50キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪48キロ級金メダルの登坂絵莉(東新住建)が準決勝で昨年世界一の須崎優衣(早大)に敗れ、東京五輪出場が消滅した。須崎は今年の世界選手権代表の入江ゆき(自衛隊)と22日の決勝で対戦。

女子50キロ級準決勝 須崎優衣(左)に敗れた登坂絵莉(21日、駒沢体育館)=共同

世界選手権で五輪出場枠を獲得した3階級では、男子フリースタイル65キロ級で昨年世界王者の乙黒拓斗(山梨学院大)が決勝に進み、優勝すれば五輪代表決定。同74キロ級の奥井真生(自衛隊)は初戦で、リオ五輪金メダルで女子68キロ級の土性沙羅(東新住建)は準決勝で敗れ、今大会優勝者と来年2月1日にプレーオフを闘う。

男子フリー57キロ級は17年世界王者の高橋侑希(ALSOK)とリオ五輪銀メダルの樋口黎(日体大助手)が決勝進出。リオ五輪2位で男子グレコローマンスタイル67キロ級の太田忍(ALSOK)は初戦で敗退した。

旧階級を含め9連覇が懸かるフリー86キロ級の高谷惣亮(ALSOK)、6連覇を狙うグレコ130キロ級の園田新(ALSOK)らは決勝を闘う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン