/

サッカー協会の収入234億円見込む 18年度予算、W杯8強狙う

日本サッカー協会は16日、東京都内で臨時評議員会を開いて2018年度予算を報告し、来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会での8強進出を想定し、経常収益など約234億9千万円の収入を見込んだ。W杯8強に進んだ場合、準備金と賞金を合わせて1750万ドル(約19億7800万円)が得られる。経常費用など全体の支出は約236億5千万円で、予算規模は過去最大。

収支とも17年度との比較で50億円以上増加となり、主に日本代表関連事業が全体を押し上げた。

来年3月の役員改選に伴う会長選挙は1月27日に開かれる臨時評議員会で投開票を実施することが正式に決まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン