サッカー

サッカー協会の収入234億円見込む 18年度予算、W杯8強狙う

2017/12/16 18:59
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会は16日、東京都内で臨時評議員会を開いて2018年度予算を報告し、来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会での8強進出を想定し、経常収益など約234億9千万円の収入を見込んだ。W杯8強に進んだ場合、準備金と賞金を合わせて1750万ドル(約19億7800万円)が得られる。経常費用など全体の支出は約236億5千万円で、予算規模は過去最大。

収支とも17年度との比較で50億円以上増加となり、主に日本代表関連事業が全体を押し上げた。

来年3月の役員改選に伴う会長選挙は1月27日に開かれる臨時評議員会で投開票を実施することが正式に決まった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのイングランド・プレミアリーグは30日、第4回の新型コロナウイルス検査(28、29日)を1130人の選手、スタッフが受け、陽性反応がなかったと発表した。過去3度の検査では12人が陽性だった。 …続き (31日 20:39)

 サッカーのセルビア1部リーグで30日、パルチザンの浅野拓磨はホームのムラドスト戦で前半12分に先制点をお膳立てし、同19分には今季リーグ戦で4ゴール目を決めて前半終了で交代した。新型コロナウイルスに …続き (31日 8:23)

ウォルフスブルク戦の前半、競り合うEフランクフルトの鎌田=左(30日、ウォルフスブルク)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグで30日、アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地がアウェーのウォルフスブルク戦に先発して試合終了間際までプレーし、1―1の後半40分に決勝点を挙げ、2― …続き (31日 0:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]