/

稀勢の里、名古屋場所出場に不安残す 若手と連合稽古

新入幕の琴恵光(右)と稽古する横綱稀勢の里(30日、名古屋市の二所ノ関部屋宿舎)=共同

大相撲名古屋場所(7月8日初日・ドルフィンズアリーナ)に向けた二所ノ関一門による連合稽古が30日、名古屋市天白区の二所ノ関部屋で行われ、7場所連続休場中の横綱稀勢の里は新入幕の琴恵光との10番にとどまり、出場が不透明な中で不安を残した。

体格差を生かし、左をねじ込む形を中心に全勝したが、もろ差しを許して後退する場面もあった。前日の29日は西前頭15枚目の竜電を稽古相手に指名した。出場可否の判断のためにも貴重な2日間の連合稽古を、本場所で対戦が確実な三役力士と胸を合わせることなく終え、調整のペースは上がらなかった。稀勢の里は取材にほぼ対応せずに引き揚げた。

横綱審議委員会(横審)は期限を定めず、万全での復帰を求めている。見守った解説者の舞の海秀平氏(元小結)は「(出場するなら)三役クラスとやって、ある程度圧倒する内容でないと。名古屋に出るんだという稽古ではない。次の秋場所のために着々とやっている感じだ」と休場の可能性が高いことを指摘した。芝田山親方(元横綱大乃国)は「焦らずに、じっくりと自分で検証しながらやっているのだろう」と評した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン