/

日本ハム宮西が300ホールド プロ野球史上初

日本ハムの宮西尚生投手が13日、札幌ドームで行われたロッテ2回戦で今季6ホールド目を挙げ、プロ野球史上初となる通算300ホールドを達成した。3-0の七回に登板し三者凡退に抑えた。初ホールドは2008年4月4日のオリックス戦。

関学大から2008年に大学生・社会人ドラフト3巡目で入団し、全て救援で通算636試合に登板。1年目から昨季まで11年連続で50試合以上に投げ、昨年7月には山口鉄也(巨人)を上回るプロ野球新記録の通算274ホールドをマークしていた。

ホールドは05年からセ、パ両リーグで導入され、中継ぎ投手が同点もしくはセーブが付く条件を満たす状況で登板し、1死以上を奪い、リードを保つか同点のまま降板した場合に記録される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン