/

ラグビー大学選手権、早大と天理大が決勝進出

早大―帝京大の後半、トライを決める早大・古賀(2日、秩父宮)=共同

ラグビーの全国大学選手権は2日、東京・秩父宮ラグビー場で準決勝2試合が行われ、2連覇を目指す早大(関東対抗戦2位)が帝京大(同4位)を33-27で下し、天理大(関西1位)は明大(関東対抗戦1位)に41-15で快勝した。決勝は11日に東京・国立競技場で行われ、早大は17度目の大学日本一、天理大は初の頂点を目指す。

早大は前半にラインアウトからのモールでフッカー宮武が2トライを奪うなど21-13とリード。後半は帝京大にスクラムで劣勢に回る場面も増えたが、バックスの2トライで逃げ切った。天理大はCTBフィフィタを軸に攻め、前後半ともに3トライずつ奪った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン