/

Vリーグ女子、新鍋が引退 ロンドン五輪で銅

新鍋理沙=共同

バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は20日、2012年ロンドン五輪銅メダリストで日本代表アタッカーの新鍋理沙(29)が現役を引退すると発表した。「小学校1年生から始めたバレーボールは、生活の全てでした。引退することに、まだ実感が湧きません」などとコメントした。29日にオンラインで記者会見する。関係者によるとモチベーションの維持が難しくなったという。

鹿児島県出身。身長175センチと小柄ながら、卓越した守備力と小技を生かした攻撃が持ち味だった。宮崎・延岡学園高から09年に久光製薬入り。11年に代表に初選出され、攻守の軸としてロンドン五輪で28年ぶりのメダル獲得に貢献した。

1度は代表から離れたが、17年に中田久美監督体制になって復帰。中心選手として18年世界選手権、19年ワールドカップ(W杯)でプレーし、東京五輪を目指す今季の代表メンバーにも選ばれていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン