/

阪神・矢野監督、選手に日本一強調 甲子園で練習開始

阪神は23日、甲子園球場で投手、野手が集まっての練習を開始した。矢野燿大監督はオンラインの取材で「全員で、甲子園でやれるありがたさ、うれしさを感じた」と実感を込めて言った。

練習前には監督が選手の前で、改めて日本一を目指すことを強調した上で「苦しい時こそ笑ったり、そういう姿でファンの人に元気や勇気を伝えることができると思う。そういう姿を今日から新たに見せていこう」と訓示。サインプレーなどのチーム練習も行い、昼食を挟んでみっちりと体を動かした。

キャンプ中から一貫して矢野監督から開幕投手に指名されている西勇輝投手は今後始まる紅白戦で実戦感覚を戻し、大役に備える。「チームの中心として先陣を切るということで身が引き締まるし、意気に感じる」と気持ちを高ぶらせた。

主将の糸原健斗内野手は開幕後も当面は無観客で試合が行われる可能性が高いことを念頭に、新たなファンサービスに取り組むことを示唆。「勝つことで喜ばせられると思う。(チームで)一つの方向を向いてやっていきたい」と言葉に力を込めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン