/

女子の高橋、自己最高4位 トライアスロン横浜大会

トライアスロンの世界シリーズ第3戦、横浜大会は18日、横浜市山下公園周辺特設コース(51.5キロ=スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で行われ、女子は昨年のアジア大会金メダルの高橋侑子(富士通)が1時間53分38秒でシリーズ自己最高の4位に入った。過去最高は5位だった。

佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)は22位、井出樹里(スポーツクラブNAS)は26位、岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター)は33位。上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)はバイクでの周回遅れで、規定により競技打ち切りとなった。ケイティ・ザファーズ(米国)がシリーズ3連勝した。

男子はオーストラリア出身のニナー・ケンジ(NTT東日本・NTT西日本)は33位で、北條巧(博慈会・NTT東日本・NTT西日本)は38位。バンサン・ルイ(フランス)が制した。

パラトライアスロンでは車いすの女子は土田和歌子(八千代工業)が4位で3連覇を逃した。運動機能障害PTS4は2人が出場した女子で3連覇を目指した谷真海(サントリー)が2位、男子の宇田秀生(NTT東日本・NTT西日本)は3位だった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン