プロ野球

ソフトバンクのスアレス、開幕絶望 右前腕肉離れ

2017/3/19 1:09
共有
保存
印刷
その他

 ソフトバンクは18日、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ベネズエラ代表で右肘を痛めたロベルト・スアレス投手が17日に神奈川県内の病院で精密検査を受け、右前腕の肉離れと診断されたと発表した。靱帯に異常はなかった。全治は未定だが、開幕は絶望となった。

 来日1年目の昨季26ホールドを記録し、今季もチームのセットアッパーとして期待されていたスアレスは、12日のメキシコ戦で1死を取り、9球を投げたところで途中降板。その後、代表チームから離脱していた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回ソフトバンク無死、内川が左越えに同点となる4試合連続の本塁打を放つ(21日、ヤフオクドーム)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は21日、ヤフオクドームでパ・リーグの第4戦が行われ、2年ぶりにリーグを制したソフトバンクが3位から勝ち上がった楽天を4―3で下 …続き (17:38)

CSファイナル第4戦が雨で順延となり、引き揚げる広島ファン(21日、マツダ)=共同

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージは21日、マツダスタジアムで予定されていたセ・リーグの第4戦、広島―DeNAが雨天のために中止となった。広島は第3戦まで1勝2敗だが、広島に …続き (13:09)

 しびれる継投だった。六回、先発の井納が1死一、二塁のピンチを迎えると、DeNAベンチは矢継ぎ早に投手を繰り出した。4番バティスタにはまず三上。二飛に仕留めると、松山に左腕の砂田を当てた。
 砂田が四球 …続き (20日 22:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]