/

全国高校ラグビー、史上最多63校で 桐蔭学園など出そろう

第100回全国高校ラグビー大会(12月27日~来年1月9日・花園)の代表決定戦が28日、終了し、記念大会として従来より12校多い史上最多となる代表63校が出そろった。2連覇を目指す桐蔭学園(神奈川)は6大会連続19度目、前回準優勝の御所実(奈良)は2大会連続13度目の出場となる。

今大会は従来の都道府県51代表に加え、全国各ブロック大会を制した9校が出場権を獲得。また近年の予選参加校数が多い愛知、埼玉、福岡は出場枠が1ずつ増えた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン