/

ラグビーTL、準々決勝の1試合中止 リコー22人陽性で

日本ラグビー協会は1日、トップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント準々決勝で9日に予定されていたサントリー―リコー(昭和電工ドーム大分)を中止すると発表した。リコーで22人が新型コロナウイルスの陽性者と判明し、試合登録に必要な23人がそろわないことが確定した。代替試合は行わない。

今後サントリーが23人の登録が可能な状況かを踏まえ、準々決勝2日前の7日に準決勝(16日・花園ラグビー場)の進出チームを決める。チケットは14日から払い戻しを実施する。

リコーは4月28日に9選手の陽性を発表。さらにチームから13人の陽性者が出て、全員が濃厚接触者となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン