/

プロ野球は無観客開催 緊急事態宣言の対象地域

プロ野球は緊急事態宣言の発令中は対象地域内での試合を原則無観客とする=共同

プロ野球は24日、臨時の実行委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受けた政府の緊急事態宣言の発令中は対象地域内での試合を原則無観客とすることを決めた。社会生活維持に必要なものを除いてイベントは原則無観客とする政府方針に従った。

オンラインで記者会見するプロ野球の斉藤惇コミッショナー(24日午後)=共同

対象地域内のプロ野球開催地は、東京都の東京ドームと神宮球場、大阪府の京セラドーム大阪、兵庫県の甲子園球場の4球場。宣言が発令される25日から5月11日までの間に、各球場を本拠地とする巨人、ヤクルト、オリックス、阪神の主催試合を中心に計27試合が組まれている。一部試合は日程を変更することも検討している。

25日に行われる巨人―広島(東京ドーム)、ヤクルト―中日(神宮)、阪神―DeNA(甲子園)の3試合は、告知期間が短く、混乱が生じる可能性があるために宣言発令前と同様に観客を入れて開催する。

プロ野球は昨年、感染拡大を受け開幕を約3カ月延期した後、最初の約1カ月間を無観客で行った。今年3月のオープン戦期間中は首都圏1都3県に2度目の緊急事態宣言が出されていたが、5千人を上限に観客を入れた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン