/

タパレス、体重オーバーで王座剥奪 ボクシングW世界戦

対戦の大森「プロ・王者としてクリアしてほしかった」

WBOバンタム級タイトルマッチの前日計量で、再計量にも失敗し、肩を落とす王者のマーロン・タパレス(22日、大阪市)=共同

ボクシングのダブル世界戦(23日・エディオンアリーナ大阪)の前日計量が22日、大阪市内で行われ、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)が、制限体重の53.5キロを0.9キロオーバーして王座を剥奪された。

同級6位の大森将平(ウォズ)とのタイトルマッチは予定通り実施し、大森が勝てば新王者、負けか引き分けの場合は空位のまま。タパレスは前日計量に先だって行われた調印式を欠席して減量に専念。約2時間後に実施された再計量では0.1キロ増えており「大森に申し訳ない」と涙ながらに釈明した。

53.3キロで計量をパスした大森は「怒りと残念な気持ち。プロとして、王者としてクリアしてほしかった」と、タパレスの愚行を批判した。

世界ボクシング協会(WBA)フライ級で5度目の防衛を狙う井岡一翔(井岡)と、同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)は、いずれもリミットの50.8キロだった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン