/

闘病中の池江選手、運動を再開 担当コーチが明らかに

白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子選手(18)=ルネサンス=が軽い運動を再開していると、指導する三木二郎コーチ(36)が1日、報道陣に明かした。3週間ほど前から病室にトレーニング用の自転車を持ち込み、体調によって負荷を調整しながら取り組んでいる。

三木コーチはほぼ毎日、池江選手を見舞っているという。詳しい病状について言及は避けたが「日に日によくなっている。前向きに闘っていて、逆に元気をもらうときもある。さすがだなという気持ち」と語った。

三木コーチはルネサンスを退社し、1日付で日本大水泳部のコーチに就任した。4月から日大に進んだ池江選手が競技に復帰した場合、指導を継続する方針。「彼女が復帰したときに、自分が指導者としてレベルアップしておきたい」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン