/

上野「世界に通用する技を」 フェンシング女子代表

フェンシングの男女フルーレ日本代表が18日、静岡県沼津市で強化合宿を公開し、全種目で唯一団体の五輪出場権を確実にしている女子のエース格で18歳の上野優佳(中大)は「(五輪の)延期で自分の練習時間も延びるので、これからもっと強くなれるんじゃないか。世界に通用する技を増やしたい」と意気込みを語った。

フェンシング日本代表の強化合宿で練習する女子フルーレの上野優佳=右(18日、静岡県沼津市)=共同

弾ませたテニスボールをつかんで距離感を図る練習などを行い、20歳の東晟良(日体大)は「改めてチームで練習をやる楽しさを感じた」と話し、攻撃のバリエーションを増やす考えを示した。

男子の松山恭助(JTB)は「ハングリー精神が大事。まずは(9月の)全日本選手権で優勝したい」と巻き返しを期し、西藤俊哉(長野ク)は「さらに強くなって金メダルを取る確率を上げる」と成長を誓った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン