/

菊池、7回1失点で4勝目 大谷は2季ぶり1試合2発

(更新)

【アナハイム=共同】米大リーグは18日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのタイガース戦に「2番・指名打者」でフル出場し、2季ぶりの1試合2本塁打となる20、21号を放ち、5打数2安打3打点、2得点で2三振だった。20本塁打は自身3季ぶりで、日本選手の複数回到達は松井秀喜(元ヤンキースなど)以来2人目。チームは11-3で勝った。

マリナーズの菊池はレイズ戦に先発し、7回を4安打1失点、6三振3四球で4勝目(3敗)を挙げた。試合は5-1。

レッズの秋山はパドレス戦の2-3の四回に代打で空振り三振。守備には就かず、チームは2-8で敗れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン