プロ野球

中日・松坂、ネットに投球 右肩に違和感後初

2019/3/2 16:33
保存
共有
印刷
その他

中日の松坂大輔投手が2日、右肩の違和感が明らかになって以降、初めてネットに向かってボールを投げ「徐々に強度や距離を伸ばしていけたらいいと思う」と本格的な投球練習再開に向け、前向きに語った。

練習の合間に田村コーチと話す中日・松坂=右(2日、ナゴヤ球場)=共同

練習の合間に田村コーチと話す中日・松坂=右(2日、ナゴヤ球場)=共同

ナゴヤ球場の室内練習場で約5メートルの距離から50球を投じ「あれぐらいなら問題ない」と手応えを口にした。右肩については「画像上では(炎症はない)」と話した。

松坂は沖縄県北谷町でのキャンプでファンと接触し、右肩に違和感を訴えて途中離脱。2月11日からはトレーニングやリハビリに専念した。右肩炎症と診断され、19日には球団から2週間程度はボールを投げる練習を行わないと発表された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4回ソフトバンク2死満塁、デスパイネに2点適時打を浴び、降板する巨人の戸郷(右)

 ベテラン亀井が豪快なソロ2発で奮闘しても、巨人に勝利は遠かった。若い投手陣の経験のなさが大舞台でまともに出て3連敗。早くも崖っぷちに追い込まれた。
ソフトバンク3連勝、日本一に王手
 2―2の四回、 …続き (22日 23:16)

四回ソフトバンク1死満塁、勝ち越し犠飛を放つ代打長谷川勇

 三回、フルカウントからソフトバンク・川島の打球はわずかに左翼ポールの外側にそれた。今季の本塁打は1本。めったにない大飛球に気をよくして欲が出てもおかしくなかったが、直後の低めの直球を悠然と見逃した。 …続き (22日 23:13)

三回ソフトバンク2死一、二塁、勝ち越しの適時打を放つデスパイネ

 SMBC日本シリーズ2019は22日、東京ドームに舞台を移して第3戦が行われ、3年連続日本一を目指すソフトバンク(パ・リーグ2位)が6―2で7年ぶりの頂点を狙う巨人(セ・リーグ優勝)を下して3連勝を …続き (22日 22:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]