/

阪神、メジャー92発のボーア獲得 1年契約2億7250万円

阪神は14日、新外国人選手として米大リーグ通算92本塁打の実績を持つジャスティン・ボーア内野手(31)=193センチ、122キロ、右投げ左打ち=を獲得したと発表した。1年契約で年俸250万ドル(約2億7250万円)。

米国出身の左打者で、マーリンズ時代の2017年に25本塁打、83打点を放つなどメジャー通算559試合出場で打率2割5分3厘、92本塁打、303打点。今季はエンゼルスでプレーした。阪神球団を通じ「早くチームの一員として認められるように頑張っていきたい」とコメントした。

阪神は今季の得点が12球団最低で、矢野監督は打線強化の鍵を握る大砲を「4番・一塁」に据える方針。「今までの評価で言えば、そこ(4番)に近い選手」と期待している。

加入1年目で6勝を挙げたオネルキ・ガルシア投手(30)とも年俸150万ドル(約1億6350万円)で1年契約を結んだ。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン