フィギュア

フィギュア、ブロック全6大会など無観客 9~10月の国内

2020/6/13 17:57
保存
共有
印刷
その他

日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長(58)は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、9~10月に行われる近畿選手権などのブロック全6大会や全日本ノービス選手権を無観客で開催する方針を明らかにした。その後の国内大会は感染状況を見て判断するという。

同日にはオンラインで連盟のフィギュア全国部長会が開かれ、伊東委員長の続投が決まった。任期は7月1日からの2年間で7期目となり、伊東委員長は「しっかりと新型コロナ対策をやりながら事業、強化をきっちりやらないといけない。2022年北京冬季五輪でも結果を出せるようにしたい」と語った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートのコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

 【ジュネーブ=共同】新型コロナウイルスの感染防止策として中国政府がスポーツの国際大会を年内は原則的に開かないと決定したことを受け、国際スケート連盟(ISU)は13日、フィギュアのグランプリ(GP)シ …続き (14日 8:21)

 日本スケート連盟は13日、新型コロナウイルス感染症の情勢を考慮し、フィギュアスケートの国際競技会について、男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が例年、シーズン初戦としているオータム・クラシック( …続き (13日 18:29)

 国際スケート連盟(ISU)は11日、フィギュアで2019~20年シーズンに新設した「ISUスケーティング・アワード」の受賞者を発表し、男子の羽生結弦(ANA)が初代の「最優秀選手賞」を受賞した。最終 …続き (12日 1:27)

ハイライト・スポーツ

[PR]