プロ野球

DeNA今永、2年連続で開幕投手 延期でも信頼不変

2020/5/30 17:26
保存
共有
印刷
その他

DeNAの今永昇太投手が2年連続で開幕投手を務めることが30日、決まった。横浜スタジアムでの紅白戦で2回を完璧に抑えた後、ラミレス監督から伝えられた。オンライン取材で「今季は自分がやるという強い気持ちを持ってやってきた。一年間チームを引っ張ることで信頼を得たい」と意気込んだ。

紅白戦で投球するDeNA・今永(30日、横浜スタジアム)=球団提供・共同

紅白戦で投球するDeNA・今永(30日、横浜スタジアム)=球団提供・共同

3月上旬に一度は大役を任せる意向を伝えられていたが、開幕が延期されたことで公表が見送られていた。ラミレス監督は6月2日からの練習試合での結果を待たずに発表し「迷うことなく彼を開幕投手にした。それにふさわしい」と信頼を口にした。

今永は3月21日以来となった実戦登板で最速149キロを記録するなど調整の難しさを感じさせず「自粛期間前のオープン戦より、状態は格段にいい」と自信を示した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

西武戦に先発したロッテ・有吉=共同


 千葉の海風も味方に付け、今季初先発のロッテ有吉が白星を飾った。1点差に迫られた六回は無死二塁で西武の山川に初球をたたかれた。逆転の2ランかと思われたが、打球は風速14メートルを超える強風で戻され中飛 …続き (7日 23:11)

七回、吉田正が右中間に2ランを放つ=共同

 好調な選手は運も引き寄せるものだ。オリックスが3―0とリードした五回、吉田正がバットの先で捉えた打球は力なく遊撃へ。だが、不規則回転がかかった球はワンバウンドすると日本ハム・石井の想定外の跳ね方をし …続き (7日 23:09)

6回、今季1号となる2ランを放ち、笑顔でナインの祝福を受けるロッテ・安田(7日、ZOZOマリン)=共同

【ロッテ8―6西武】ロッテが連敗を3で止めた。0―1の五回に藤岡の適時打とマーティンの2点二塁打で逆転。六回に安田の2ラン、 …続き (7日 22:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]